バウハウスブログ

外断熱2015年4月19日STAFF BLOG

自分の体験談・考えを書いてみます。                 まずは、外断熱についてです。                             先日、知合いの同級生の方が  又この方が凄い方でして   取り敢えずイギリス  ロンドンのデザイン事務所にお勤め方ですが  故郷が熊本の方で   久しぶりに実家に帰って見えたみたいで まだ寒い日が続いている時で   実家の家の中の寒さに  何故、日本の住宅のレベルは低いのだろうと感じられたみたいで   現在住まれているロンドンの住まいは、常に外部の寒さに比べ10度以上の温度差があるよと      結局建物の断熱材効果に雲泥の差があるのですね。  ヨーロッパの断熱工法の支流は外断熱工法です。                                    外断熱工法の特徴は、                                            •室内に結露が発生せず、カビ・ダニの被害が抑えられる《アレルギーの予防》                            •外気温変動による躯体の膨張収縮が少なく、耐久性が高い《低環境負荷・高資産価値》             •躯体が断熱材の内側に置かれる為、室内の変動が抑えられ冷暖房の効率が良い《省エネルギー効果》                                                                       •建物内部《部屋間》の温度差が少なく、ヒートショック現象が起こりにくい。

次はデメリットを報告します。