会社概要

エアサイクルの家

エアサイクルの家

快適な住みごこちと家族の健康、省エネルギーと住まいの寿命。
「エアサイクル」は、いま家づくりに求められるすべての条件をいっきに叶えます。

エアサイクルと木の家の出会いから生まれた、エコロジーライフ

地域の気候、自然にフィットした健康な長寿命住宅「エアサイクルの家」

南北に長い日本列島は、地域によって自然環境や気候特性がかなり異なります。家づくりはそれぞれの地域をよく知る大工さんが手がけることで、地域にフィットした住まいをつくることができました。伝統的な住まいは、周囲の自然の快適な要素をとりいれ、同時に自然の不快な要素は遮断する工夫を施しています。とくに高温多湿な風土にあって、住まいの寿命を縮める湿度を排除する工夫と不快な暑さを和らげる手法が家づくりの知恵として伝承されてきました。

しかし現代の工業化された家づくり、あるいは高断熱•高気密住宅は、自然を断ちきった閉じられた空間を指向しました。

その結果が結露、腐朽菌、カビ、ダニ、そしてヒートショック、シックハウス症候群といった不健康な住環境です。
「エアサイクルの家」は、こうした高断熱•高気密住宅の欠点をなくした、健やかで耐久性の優れた家づくりを実現します。

外張り断熱工法

高断熱・高気密を越えるパッシブな住まい。まるで生きて呼吸をしているような家

通気層をもった外張り断熱材(壁ボード、桁ボード、屋根ボード)を張り込むことで、床下-壁体内-屋根裏を連通するエアサイクル層が形成され、構造体の木材の四方がたえず空気にさらされます。

エアサイクル層の空気の循環、居住空間の換気は、機械動力ではなく、空気の性質や熱の法則を利用した自然なメカニズムです。故障やメンテナンスの心配がなく、たとえ高齢者であっても煩わしさはありません。

床下と屋根裏に換気口を設け、冬は換気口を閉じることでエアサイクル層に暖気を循環させ、暖房の支援と日射面と非日射面の温度差を解消します。

夏は換気口を開放することで涼気を取り込み、自然換気によって建物にこもった熱や湿気を排除します。
基礎には円柱状の束石、コラムベースで床下の通気を確保し、基礎断熱材プラキソで外部の熱を遮断し、地熱を有効に利用できるようにしています。

「エアサイクルの家」は、こんな特徴があります。
  • □地域それぞれの特徴、季節の自然に対してパッシブな自然と調和した家づくり。
  • □閉じっぱなしの空間ではなく、冬は閉じ、夏は開く、可変性のある断熱を実現する。
  • □太陽熱や地熱、風の涼など、自然の温熱を取り入れて環境負荷のない省エネルギーを実現する。
  • □木材がたえず動く空気に触れる工夫を施し、湿気の害を防ぎ、木材本来の耐久性や健康性を引き出す。
  • □暖気、涼気を建物全体に循環させることで、全館均一の室温に近づけ、ダニ・カビによるアレルギーや温度差によるヒートショックを防ぐ。